2015年10月20日

黃河下魚

和同村的一個朋友到黃河邊玩。由於天氣太熱,找了一片楊樹林一起坐在樹蔭下乘涼。朋友用手指逗弄著一隻小蟲子問我見過沒見過。我凑近看見小蟲子背上背著一隻螞蟻和幾粒沙子還有一些小顆粒狀垃圾。我感到很驚奇,於是拿小樹枝劃拉它身上背的東西,它急忙用兩條後腿抱住背上的東西,並四下搖了搖以使之平衡然後又一搖一搖背著東西鑽進草叢去了。問朋友無論在什麼年代,追求幸福都是永恆的主題的約定你還記的嗎,朋友說這種蟲子不多見,喜歡背東西。問他這蟲子叫啥?他說咱們農村人叫它貨郎蟲。回村後問了幾個老年人,他們都曾見過,說那蟲子叫貨郎。

在百度搜“貨郎蟲”,無果。也許各地叫法不同。於是搜“會背東西的蟲子”,得到的都是柳宗元的《蝜蝂傳》。慚愧的是以前並未曾讀過此文。柳宗元說的蝜蝂,難道是這種喜歡背東西的小蟲子?以下複製《蝜蝂傳》全文:

“蝜蝂者,善負小蟲也。行遇物,輒持取,昂其首負之。背愈重,雖困劇不止也。其背甚澀,物積因不散,卒躓僕不能起。人或憐之,為去其負,苟能行,又持取如故。又好上高,極其力不已,至墜地死。



Posted by mjisek at 12:57│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
mjisek