スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2016年07月25日

僅剩的些許光陰

感覺我還沒有適應我是一位大學生的角色,然而,我的大學卻已經接近了尾聲。現在,我存在的時間掐著指頭計算,一年帶著點零頭。這就是我在大學,很快我就會被掃地出門。到那時,歲月將不會給我機會,神明也不再保佑著我!
  
  最近一直沐浴在學長學姐們離校前的春風中,我突然也想著說點什麼。只怕,上天給我的時間太少,我來不及準備,也來不及留下點什麼。其實我不怕帶走遺憾,我只怕我連遺憾的痕跡都沒有。
  
  大一的時候,我一腳踏進了一個坑無論在什麼年代,追求幸福都是永恆,一坑就是這麼三年。其實我也不知道為什麼我當初就跳了進去,不知道是命中使然,還是神明指引。也許這一切都是定數,就是這一切,給了我一個個美好的回念,留下了一段段的記憶碎片。
  
  夜色中,我們踏過的彌紅燈光中,收錄著屬於我們的痕跡,那個個幼稚的想法,那些些朦朧的衝動,還有那段段天真的幻想。有時候我會撿起E棟那條路上的落葉,去認真的去傾聽我們輕快的腳步,我們無憂的青春,畢竟那裏有著我的大一時光,那裏塑造了出了我最初的價值觀念。
  
  那個濕冷的冬天、那個灰暗的樓道、那盞盞上了年紀的路燈、還有那幾個熱情洋溢幾近瘋狂的青年,當然少不了的就是那些嘔啞嘲哳的笛音。我的記憶中那年冬天是特別的漫長,無盡的濛濛細雨,還有從沒有沒有幹過的路面,濕冷刺骨的寒風,那幾個個天真無邪的少年美女。
  
  在那裏我們彼此相識,也彼此相知,就此開始書寫著我們的痕跡。而我們的友誼,卻完全超越小說家幻想中的唯美情節。
  
  那個年頭我遇見餘學長、小紅帽、波波、威威、獸哥、小師妹、亮亮、楊總、小丫、謝藝還有傳奇的 玲姐等等很多的人並且在我後來的日子裏,我都是以我認識這麼多的朋友為榮,那句“關係就是第一生產力”還曾一度成為我的口頭禪,現在想想有點天真,但更多 的卻是溫馨。他們給我的是家的溫暖,也有手足的推心置腹,肝膽相照。如果陪伴是最長情的告白的話,那我們這三年的堅守就是最浪漫的結局。
  
   記得大一那次丟了飯卡,去補辦的路上,跟上課途中的小丫學長開了句我要挨餓的玩笑,他當時就從衣兜裏拿出了飯卡塞給我,還告訴我他大學裏朋友多。當然我 們曾今彼此黑著對方往死裏黑;也曾今跟他們淩晨跑到後山去喝酒;我記得去年兄弟表白,我就沒有去上課,幫忙擺蠟燭去了;還有為了參加社團評獎的答辯,從早 上一直忙到下午,中午一起吃著盒飯的片段,也是不斷地在我的腦海裏翻滾著。
  
  我們有著太多的故事,在沒有烈酒的夜晚,我只能靜靜的品味著我的記憶碎片。
  
  不過種感覺跟他們在一起是快樂的,也是最輕鬆的,我永遠在他們面前展示著我最真實的自己,也儘量去展現我的童真,我記得小紅帽(大我三屆)說過:跟你們玩我才能感覺到我的青春!
  
   大三的我也繼續著學長們走過的道路,繼續再跟著小學弟們每個夜晚去玩,去感受他們的熱情,他們的單純,去沾沾他們青春的味道。看著他們對笛簫的喜歡與癡 迷,我就想起大一的我們,已經走過來的他們。這就是痕跡,我在笛簫協會家庭裏面的碎片,也是我珍貴的財富,也許還是我將來年老時飯後閒聊的話題,炫耀的光 點。  


Posted by mjisek at 17:21Comments(0)

2016年07月12日

香閨心動鎖君瀾

千裏邀約一日還。紅裝及目欒盟賦,連理堂前醉傾顏。
  
  為你披上十裏紅裝,可否許我地老天荒,夢醉樓蘭,癡醉依偎的模樣,琴瑟瀟湘,願與你一起梵唱----題記
  
  誰於月色著霓,誰於煙火落萋。轉身修一朵菩提,只為花開見佛,吟頌的經卷裏有你。願做佛蓮前的青衣,當青煙渺渺,也許才能看到你的背影依稀,零落成泥時,蓮心不染塵。
  
  一笛瀟聲獨奏,繾綣了的顛沛流離,漸行漸遠的往事無論在什麼年代,追求幸福都是永恆
,又有多少欲語還休。粉色的愛戀,心瀾情執手,點點離愁,鎖住了多少胭脂扣,貪戀那次你的一眼回眸, 輕輕的無語凝落憂,漫長的等待,習慣了孤寂在相思豆蔻。雖然年華依舊,可是流年走的那樣緩慢,讓鬢角又憑添了幾個春秋。是誰惹了清夢,絡繹在素墨裏的等, 情絲慢惹共一場相思心疼。若可,採擷半縷秋風,只願裝點有你的清寧,不再停留那個曾經,點墨清秋暮雨風,水雲間前一簾夢。
  
  暗香疏影搖紅霞,心事迷離霧朦朧,紅豆相思已成美麗的風景,醉月之情婉若霓虹,花開一抹,如華邀月情濃。誰解我心頭柔柔風情,握你之手心無他,三生石 上刻下相思月纏紗。杯中酒,水中畫,將你千裏遙遙牽掛,一縷情絲繞指寒,默默無語落筆生花,飛越時空的依然是綿綿的情話,染了曼珠沙華。
  
  細雨小巷如水纏綿,那些心動的畫面,在無數的思念裏浮現。好想抓住諾言的邊緣,讓每一次的留戀得到舒展,那朵思戀鑲嵌的容顏,已然落在眉間,何曾凋殘。情願蝶舞翩翩,牽著你的影子舞翩躚,落雨的門前,嬰嚀細語柔情瀾,多想就這樣溫婉永不渙散。
  
  碎影依稀夢飛花,往事迷離風作畫。除卻相思不是雲,獨憶江南已無他。只影斜憶花落下,月華如水默蒹葭。墜落的情字怎樣作畫,草色醉月牙,風舞羈狂淚飛花,諾一程相思入枝椏,誰把念字讀作魂落伽。愛起的刹那,你讓陌路走到了天涯。
  
  滴墨裏心被掏空的場景,始終無法表達諾的永恆,血色的脈絡,逝去的曾經,殷殷期待在哪里找一個初衷。總希望你能懂,而不是敷衍美麗的夢,是否,每個字裏行間都有你的背影。
  
  誰用浮生亂了煙火,誰把執著換做失落,不必將誓言畫成天河,淩亂的星子把雨落演繹成昨,若你能快樂,我情願什麼都不記得。。。。
  
  捧在手裏的花束,還殘存著你掌心的溫度,記得曾經承諾過一生不會落幕,可最後你只是認真的畫了一道弧。那次愛的荼毒,我要用半生的力氣來救贖,女人花嬌豔到什麼程度,是因了你給她憂傷的次數,要用血色來平復。握緊,放開,需要抹去記憶填平無助,寂寞是你賜予的辜負,突然想起了,還有一種姿態就是奔赴。
  
  聽說,風起的時候回憶會出現,雨落的日子思念會落單,腳步被放慢,影子也蹣跚,月華如雪的浪漫,難以渲染粉色的愛戀。夢影依偎心翩躚,旖旎在風起的路口,心思闌珊。過往給了我一個懸念,好怕,怕在未知的一天,你不在我的夢裏出現。
  
  一場花事已老,回憶是座落了鎖的牢,倚在冰冷的牆角,原來你還欠我一個擁抱。
  
  淡了,空了,不悲不喜。近了,遠了,各安相宜。試著在時光中尋覓相偎相依,似乎在光影裏看到了默默不語,用指尖丈量情在心上的距離,卻是輕聲相許。轉身,遇見,回眸淒迷,我只能在等待的路上落筆。
  
  起筆不言殤,也許是學會了摒棄過往。宣紙上關於愛的思量,只是選擇了隱藏,一程陪伴,一場癡狂,卻無法臨摹其中的重量。一個人,一縷幽香,幾多回眸溫 婉心房,終究會在記憶裏泛黃。紅塵客棧,無恙無殤,於是,嘴角輕揚。安恬到品讀一盞茶的時光,滄桑了的歲月,邀你一起品嘗,醉了,不是茶的幽香,而是嫣然 了情之綿長。時光初念時,點燃了那片斜陽,梵音落荷塘,只想尋覓一處寧靜,將所有淩亂慢慢釋放。
  
  看淡了一切浮華,心的澄澈,讓原本紛雜的情緒,有了一絲寧靜,塵世繁華,許是惹了些許滄桑,至心有些迷茫,歲月蹉跎了心境,甚至一朵花落,都會潮濕了眼睛。
  
  一直都很簡單,討厭游離於心機重重的環境,更喜歡一個人安靜的待著,即使啥也不幹,那也是一種享受,情願把自己交給清風,無欲無求,將所有思想放空。
  
  雨天,最想做的事,就是安靜的看著從天而降的雨絲,情緒也會跟著淋濕,小雨伴著吉他,偶爾作首小詩,裏面有你的填詞,字裏倒映出你的影子,泛黃的記憶依然會浮現你的樣子。
  
  突然有種衝動,很想光著腳丫子,趟在水裏頑皮的像個孩子,喜歡雨滴落在的身上的感覺,涼涼的,冰冷的沒有任何修飾,好像已經忘記了過往,更喜歡沉靜的在自己的世界寫字,這不是一種封閉,我覺得應該是最浪漫的事………
    


Posted by mjisek at 18:28Comments(0)

2016年07月06日

仕事や家庭が忙しかったし

 サイモン&ガーファンクルはこれまでに2回来日公演をしている。1回目は1982年、2回目は1993年。
 来日したことは聞いてい生命的燦爛,寫亂了靈魂的花蕊,是剩下淚,還是單たがコンサートには行かなかった。他に関心を向けなければいけないことがたくさんあった。

 サイモン&ガーファンクルが来るんだ・・・
 あれから、もう40年余りが経っている。彼らだって、もういい歳だ。これが二人の歌を聴ける最後のチャンスかも知れない・・・
 そう思うと、居ても立ってもいられなかった。帰宅すると、早速連れ合いに話した。
 「サイモン&ガーファンクルのコンサートがあるんだけど、行かない?」

 我が家のコンシェルジュである連れ合いは、早速ネットで調べ、先行予約で家族全員のチケットの手配をした。
 先行予約ではアリーナ席は取れないが、確実に席を確保できる。確実にチケットを取りたかった。
 実際、東京ドームでの二日のチケットはすぐに完売し、オークションに出回り始めた。
 それでプロモーターは武道館での公演を追加した。

 7月11日土曜日を指折り数えた。子どもみたいだが、本当に楽しみだった。

 昨夜は東京ドームのコンサートが終わって、近くのインド料理屋で食事をしながら家族でコンサートの話をし、家に帰ると何もしないで横になった。
 コンサートの余韻をいつまでもそっとしておきたかった。
 涙が零れるくらいに感動した・・・

 都議選の投票を終え、今、サイモン&ガーファンクルのベストアルバムを聴きながら、これを書いている。
 まだ、昨夜の感動をうまくまとめられそうもない。

 今回の公演のタイトルは、Old Friends だ。
 コンサートのオープニング曲は、'Old Friends/Bookends Theme'、1968年のアルバム曲だった。

 公園のベンチに二人の旧い友がブックエンドのように腰かけている。
 何年も先、公園のベンチに座る70歳になった僕たちを想像できるだろうか。
 僕には過ぎ去った歳月の写真があり、君には思い出だけが残される・・・

 ポール・サイモンもアート・ガーファンクルも今年68歳になる。
 40年余りが経って、想像もしなかった現在の自分の姿があり、東京ドームに集まった Old Friends に残された思い出は、二人の懐かしい歌だった。

 曲が始まると、懐かしさが胸に込み上げてきた。
 気がつくと、40年前の時間の中にいた。
 ラジオの深夜放送から流れた来たサイモン&ガーファンクルの曲を初めて聴いたのは、中学生の時だった。
 昔のままのボタンを外したベスト姿で現れたアート・ガーファンクルはこう挨拶した。  


Posted by mjisek at 18:05Comments(0)
< 2016年07>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
mjisek